食パンの材料と作り方

食パンに使う材料ってなに?

基本的な材料は、強力粉、砂糖、塩分、ドライイースト(酵母)、ぬるま湯、無塩バターです。材料はきっちり図って割合が合ってないと焼き上がりに影響します。

細かくデジタルで計測ができるはかりがあると便利です。

パン作りの手順は?

まずはボールにぬるま湯を入れて、その後無塩バター以外の材料を全て投入しヘラでなじませながら混ぜていきます。ある程度混ぜたら、今度は手でこねていきます。

ある程度まとまりがついてきたら外の台に出して、さらにこねていきます。ある程度なめらかになってきたら無塩バターを入れてさらにこねます。

その後ボウルに戻して、濡れ布巾を上にかけて1時間ほど一次発酵させます。その間にパウンド型にオイルを塗るかクッキングシートなどを敷いて焼く用意をしておきます。

一時間ほど寝かせたら上から押しつぶしてガス抜きをしてし、三分の一にカットしてパウンド型に丸めた生地を詰めていきます。

その後また濡れ布巾をかけて1時間ほど生地を寝かせ二次発酵させます。二倍くらいに膨らんだらOKです。

オーブンは180度で下段で約20分~25分、お使いのオーブンの時間を確認してください。焼きあがったらすぐに型から取り出し、粗熱を取って完成です。

※型の中に入れたままにしておくと、蒸気でふやけた状態になってしまうのですぐに取り出しましょう。


since2005 © 食パン作りに挑戦します!